人の大切な名前を占う、姓名判断について紹介します

人の大切な名前を占う、姓名判断について紹介します

姓名判断とは、人の名前を画数で占う占術です。

主に天画(苗字の画数)、地画(名前の画数)、それらをまとめた総画という数を数えて、その画数が吉であるか、凶であるかを姓名判断師の経験で判断していきます。

細かいところでは外画(苗字の頭と名前の最後の画数)や、人格(苗字の最後と名前の頭の画数)などもあり、それらも姓名判断に用いられます。

幸運をもたらす名前、そうでない名前を判断することができるので、生まれた子の名付けでよく使われます。

姓名判断の歴史のルーツは、古代中国の五行説や、陰陽説などにあります。

数字を木・火・土・金・水・の五行に当てはめたり、陰と陽に当てはめたりして、そのバランスと照らし合わせて名前の良し悪しを判断していました。

というのは起源のの話で、時代が進むにつれ新しい姓名判断の流派や考え方がたくさん登場していきました。

特に日本の姓名判断は比較的新しく、庶民が自ら性を名乗れるようになった明治時代よりも後に生まれています。

姓名判断を行うことによって、縁起の良い名前、逆に不運を招く名前を占うことができます。

一般的な占いなどで運勢とされる仕事運や恋愛運、家庭運や病気の罹りやすさなどに影響されているとされ、前述の通り新しく生まれる子供につける名前を決めるときなどに姓名判断師に依頼し、参考にされます。

芸名などの人が生まれ持つ名前以外の名前についても姓名判断が行われることがあり、その考え方についても流派によって様々な評価基準、考え方があります。

タイトルとURLをコピーしました