信じるも信じないのもあなた次第。受け取った情報をどのように自分に活用するかがカギ!

信じるも信じないのもあなた次第。受け取った情報をどのように自分に活用するかがカギ!

占いはとにかく大好きで、毎日何かしらの、特に星座の毎日占いはよく見ていました。

ただ、星座は気軽にチェックできる反面、行動の目安にはなるものの、具体的な悩みの解決には
なりにくいなと思いました。

特に仕事のこれから先への不安とか、よくあるのが恋愛の悩みを解決したい時ですね。

そんな時は電話占いを利用しました。

今はWEBやアプリで電話占いを利用できるものが増えたので気軽にできたりします。

でも、電話占いの沼にハマるので注意が必要です笑。

どんな時かというと、うっかり自分がしゃべりすぎる時です。

あとは、この場合って「占いなの?この人(占い師)の主観なのでは?」と感じることもしばしばありました。

どういうことかというと、恋愛の、あまり人には相談できないかも知れないネタの時(これも主観ですが、年の差の悩みとか既婚者への気持ち、とか)、占い師の能力的なことと占い結果で言われることが多いとはいえ、回答内容がなんか感情的?と思えることもあったからです。

そういう時は時間とお金を費やした割には回答に納得できず、かえってストレスフルになりがちです。

それと、これを言い出すとキリがないとも言えるのですが、こちらがあまりにもしゃべりすぎるためにいわゆる情報を与えすぎる状態で、その見解をいただくようなやりとりになることもあったりします。

霊能力を使うことや透視などのスピリチュアル的な能力で占っていただくことの時に多い傾向です。

自分ごとの結果が欲しいために状況説明を事細かにしてしまいがちなので、未来予測というよりその占い師の経験値からの判断を言われてしまうということなのです。

逆に、人生経験上で指南してもらいたいというか人に背中を押してもらいたい気持ちが強い時に利用するのはアリだと思います。

わかる範囲で占い師を選ぶ時は経歴とか得意分野などで、どんなことを相談したくてどんな回答が欲しいのか、それによって占い師を選ぶと色々と納得できるのではないでしょうか。

いずれにしても人に話を聞いてもらいたいとき、えてして女性は「欲しい結果」がある程度、心の奥底では持っていたりするのでいただいた結果に一喜一憂したり振り回されたりしないことが、遠回りのようで「生きやすく」「自分らしく」あるためのコツになると思います。

タイトルとURLをコピーしました